タダシップとタダシップス|使用・購入方法など詳しく解説

勃起障害EDの仕組み

性行為を行おうとして勃起することができない、そんな事態に遭遇した時に自分の年齢が40代に入っていると、「もうそんな年なのか」と思い、自信を納得させようとするかもしれませんが、それが30代20代だと精神的に受けるショックも大きく、なかなか納得できないことでしょう。

 

勃起は体内で複雑な工程を経て成り立つ生理現象です。しかし、心理的な影響も大きいことがあり、体には問題がなくても症状が表れることもあるのです。

 

もちろん、勃起障害EDの症状が表れる人は統計的に高齢者が多いです。加齢に伴う体の変化が原因の一つであることは事実です。先ほども申し上げましたが、肉体的な原因だけでなく精神的な要因が原因となることもあります。

 

脳が性的な刺激を受けて勃起中枢に命令を起こし、性器内の血液が正常に増え続けることができれば勃起することができます。これが勃起の仕組みです。この工程の一つでの不具合が起こると勃起障害EDが起こるのです。

 

体に何らかの原因がある勃起不全を「器質性勃起不全ED」と呼びます。これは性器の血管に問題があったり、脊髄の神経に問題があったりと、どの部分でも同じ症状が出ます。

 

これ以外に精神的な要因が原因の勃起不全を「心因性勃起不全ED」と呼びます。体には異常がないけれどもストレスや体の疲れなどで起こるものです。神経が性的な刺激を伝えることができなくなり、勃起のシステムが機能しなくなります。